• レシピ
  • ドライトマト入りチーズポテト

    投稿日 wpmaster


    マッシュポテトとドライトマトで作るマフィン型のお惣菜。お酒のおつまみにも♪
    ▼材料(マフィン型6個分)
    じゃがいも…350g
    ベーコン…50g
    OSMICトマト 4star…12個
    プロセスチーズ…70g
    ドライバジル…適量
    無塩バター…10g
    卵…40g
    薄力粉…30g
    ベーキングパウダー…小さじ2/3
    サラダ油…適量
    A.塩…少々
    B.
    └ 塩…小さじ1/2
    └ 粗挽き黒こしょう…少々
    ▼作り方
    1.OSMICトマト 4starはヘタを取って横に2等分し、ペーパータオルで挟み10分程おく
    2.天板にオーブン用シートを敷き、1の切り口を上にして並べる
    3.切り口全体に、Aの塩をふり、130度に予熱したオーブンを入れ、45分焼く
    4.天板にのせたまま冷ます
    5.チーズは1cm角に、ベーコンは1cm幅に切る
    6.じゃがいもは皮をむき、耐熱ボウルに入れてラップをして600Wのレンジで5分加熱する
    7.レンジから取り出し、マッシャーで潰す。温かいうちにバターを加えて混ぜ、粗熱を取る
    8.粗熱が取れたら溶き卵を入れて混ぜる。さらに薄力粉、ベーキングパウダーをふるい入れてよく混ぜる
    9.5、ドライバジル、Bを入れて、全体的に合わせる
    10.マフィン型にカップをおき、9と4を交互に入れる
    11.180度のオーブンで30分程焼く

    レシピ考案:moguna


  • 夏野菜のコンソメゼリー寄せ

    投稿日 wpmaster


    色鮮やかな夏野菜を透明感のあるコンソメゼリーで寄せた、涼しげな一品
    ▼材料(3人分)
    OSMICトマト 5star…9個
    枝豆…20g
    コーン…10g
    粉ゼラチン…大さじ1
    水…大さじ2
    湯…300ml
    顆粒コンソメ…小さじ2
    ▼作り方
    1.OSMICトマト 5starは、ヘタを取り、十字に切り込みを入れる
    2.沸騰したお湯の中に1を10秒ほど入れ、冷水にとり、皮をむく
    3.ボウルに水を入れ、粉ゼラチンをふり入れて混ぜ、ふやかしておく
    4.耐熱ボウルにお湯を入れ、顆粒コンソメを入れて溶かす
    5.3を加えて混ぜ合わせる
    6.5の粗熱がとれたら、2、コーン、枝豆を入れ、ボウルの底に氷水をあてて、とろみが付くまで混ぜながら冷やす
    6.器に6を注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める

    レシピ考案:moguna


  • 鶏もも唐揚げトマトだれがけ

    投稿日 wpmaster


    ねぎとトマトの特製ソースで唐揚げを爽やかに♪
    ▼材料
    OSMICトマト…120g
    鶏もも正肉…1枚
    ばんのうねぎ…3本
    しょうが…10g
    片栗粉…適量
    白胡麻…適量
    レタス…1枚
    A
    └ しょうが…大さじ1.5
    └ みりん…大さじ1.5
    └ 黒こしょう…少々
    B
    └ サラダ油…大さじ2
    └ しょうゆ…大さじ1
    └ 酢…大さじ1
    └ はちみつ…大さじ1
    ▼作り方
    1.鶏肉は一口大に切り、Aをもみこみ10分おく
    2.ばんのうねぎは小口切り、しょうがはすりおろし、トマトはへたをとり4等分のくし切りにする
    3.2とBと混ぜ合わせる
    4.1に片栗粉をまぶし、170度の油で3分揚げて3分休ませ、もう2分揚げる
    5.器にレタスをしいて4を盛り3をかけ白胡麻をふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • かじきまぐろトマト照り焼き

    投稿日 wpmaster


    さっぱりとしたトマトのソースが、口の中に広がります
    ▼材料
    OSMICトマト…120g
    かじきまぐろ切り身…2枚
    みょうが…1個
    大葉…5枚
    かいわれ…1/3パック
    サラダ油…大さじ1
    大根…100g
    黒こしょう…少々
    A
    └ 酒…大さじ2
    └ 薄口しょうゆ…大さじ2
    └ みりん…大さじ2
    ▼作り方
    1.みょうがは小口切り、大葉は千切り、かいわれは3等分に切って水にさらして混ぜ合わせ、シャキッとさせて水けをきる
    2.大根はすりおろす
    3.トマトはへたを取り半分に切る
    4.フライパンに油を入れ、中火でかじきを両面こんがり焼く
    5.余分な油をふきとりAと3を加え、煮からめる
    6.器に盛り1、2を添え、黒こしょうをふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトとしらすの炊き込みご飯

    投稿日 wpmaster


    トマトのだしがご飯にしみた、何杯でもおかわりしたくなる味♪
    ▼材料
    オスミックトマト…8個
    しらす…30g
    大葉…3枚
    米…2合
    白胡麻…少々
    A
    └ 水…350cc
    └ 酒…25cc
    └ 薄口しょうゆ…25cc
    ▼作り方
    1.米はといで浸水30分させ、ざるにあけて水けをきる
    2.オスミックトマトはへたを取り半分に切る
    3.大葉は千切りにする
    4.炊飯器に1、2、Aを入れて炊く
    5.炊き上がりにしらす、大葉、白胡麻をちらす

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトの和えそうめん

    投稿日 wpmaster


    熱い夏にさっぱりと!
    ▼材料
    オスミックトマト…8個
    ツナ缶…1缶
    ばんのうねぎ…3本
    しょうが…10g
    そうめん…3把
    黒こしょう…少々
    A
    └ サラダ油…大さじ2
    └ 薄口しょうゆ…大さじ1
    └ 酢…大さじ1
    └ 砂糖…小さじ1
    ▼作り方
    1.オスミックトマトはへたを取り4等分のくし切りにする
    2.ばんのうねぎは小口切り、しょうがとすりおろす
    3.ボールにツナ缶を油ごと加えてAと混ぜ合わせ1、2を和え、冷蔵庫で10分ほどおく
    4.そうめんをゆでて水洗いし、しっかり水けをきる
    5.4を3で和え器に盛り黒こしょうをふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトのロールフレンチトースト

    投稿日 wpmaster


    優しい甘さの中から染み出るトマトのうまみ
    ▼材料
    OSMIC dip pure…大さじ2
    食パン(サンドイッチ用)…4枚
    バター…10g
    はちみつ…適量
    クリームチーズ…適宜
    A.
    └ 卵…1個
    └ 牛乳…200ml
    └ 砂糖…大さじ1
    ▼作り方
    1.食パンは麺棒で薄く延ばす
    2.1のパンにOSMIC dip pureを塗り、クルクルと巻く
    3.ボウルにAを入れてよくかき混ぜる
    4.バットに3を入れ、2を浸す
    5.熱したフライパンにバターを溶かし、4を入れ、周りに薄く焼き色が付くまで2分程度焼く
    6.焼き上がったら器にのせ、はちみつをかけ、クリームチーズを添える

    レシピ考案:moguna


  • トマトのマリネ マスカルポーネぞえ

    投稿日 wpmaster


    アールグレイがふわり香る、スイーツにもなる一品
    ▼材料
    オスミックトマト…8個
    マスカルポーネチーズ…60g
    はちみつ…大さじ2
    きびざとう…小さじ1
    アールグレイ茶葉…小さじ1/2
    ミント…少々
    ▼作り方
    1.オスミックトマトはへたを取り半分に切る
    2.1に、きびざとうをまぶし全体になじんだらアールグレイをまぶし冷蔵庫で15分ほどおく
    3.マスカルポーネチーズとはちみつを混ぜ合わせる
    4.2、3を器に盛り、ミントの葉をかざる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • もちもちおいしい トマトみたらし団子

    投稿日 wpmaster


    グルテンフリー、砂糖不使用の甘さ控えめヘルシースイーツ♪
    ▼材料(団子12個分 4人分)
    米粉…100g
    絹ごし豆腐…110g
    ミニトマト(こぶりのもの)…12個
    A.
    └ OSMIC dip pure…大さじ2
    └ 水…大さじ2
    └ はちみつ…小さじ3
    └ 醤油…小さじ2
    └ 酢…小さじ1
    └ オリーブオイル…大さじ1
    ▼作り方
    1.ボウルに絹ごし豆腐と米粉を入れ、耳たぶ程度の固さになるまでよくこねる
    2.1を12等分した後、生地の中にミニトマトを1個ずつ入れて包み、団子状に丸める
    3.沸騰させた湯で団子を茹でる(約3分)
    4.団子が浮かび上がってきたら冷水に取り、水気を切る
    5.熱したフライパンにタレの材料をAと団子を入れ、タレにとろみが出て団子にタレが絡んだところで火からおろす
    6.お好みでフレッシュバジルや黒コショウ、七味などをトッピングしてもよい

    アレンジ
    写真のようにピックを差してスキレット(ミニフライパン)に盛り付ければピンチョス風に。
    フルーツやマシュマロと一緒に竹串に差せばパーティーフードに。
    耐熱容器に並べたトマたらし団子にチーズやパン粉をのせ、オーブン(オーブントースター)で焦げ目をつければメインディッシュに
    レシピ考案:
    小野奈穂子さん(野菜料理クリエイター)

    NY駐在中アメリカの菜食料理や菜食レストランに感動し、帰国後植物性食材にフォーカスした料理教室を始めました。
    美味しくてカラダ思いなメニューはもちろん、食事の空間も楽しんでもらう為、ちょっとしたテーブルコーデやパーティーアイデアなどもご紹介しています。

  • とろーりトマトジャムのフォンダンショコラ

    投稿日 wpmaster


    トマトの甘さを活かしたスイーツで、彼をびっくりさせちゃいましょう!
    ▼材料(マフィン型2個 2人分)
    オスミックトマト…5個
    ホワイトチョコレート…50g
    バター…40g
    卵…2個
    砂糖…50g
    薄力粉…20g
    A.
    └ 砂糖…大さじ1
    └ レモン汁…小さじ1/2
    粉糖…適量
    ▼作り方
    1.オスミックトマトはへたを取って半分に切る
    2.耐熱容器に1を入れ、Aを加えて混ぜる
    3.ラップはせずに電子レンジ500Wで1分半加熱する
    4.一度取り出し軽く混ぜる
    5.さらに電子レンジで500Wで1分加熱する。取り出して混ぜ、粗熱を取る
    6.耐熱ボウルにチョコレートを割り入れ、バターを加え、電子レンジで500Wで1分加熱する
    7.溶いた卵と砂糖を加えて混ぜたら、ふるった薄力粉を加えてしっかりと混ぜる
    8.カップに生地を半量流し入れ、5を入れて、また生地を入れる
    9.200°Cに予熱したオーブンで20分焼く
    10.中心のジャムから少し外れたところに竹串を底までさし、生地がついてこなければ焼き上がり
    11.熱がとれたら型から外し、粉糖を振る
    ワンポイントアドバイス
    焼いている途中に生地が色づいてきたら、焦げ防止のアルミホイルをかぶせてください。
    レシピ考案:moguna