• レシピ
  • トマトと木の子のかき玉汁

    投稿日 wpmaster


    やさしいお味のあったかレシピ
    ▼材料
    OSMICトマト…10個
    しめじ…1/2パック
    えのき…1/2パック
    万能ねぎ…少々
    黒こしょう…少々
    卵…1個
    水溶き片栗粉…大さじ1
    塩…少々
    A
    └ だし…600CC
    └ 薄口しょうゆ…大さじ2
    └ みりん…小さじ1
    ▼作り方
    1.しめじ、えのきは切りほぐす
    2.万能ねぎは小口切りにする
    3.OSMICトマトはへたを取り半分に切る
    4.鍋にAを入れて火にかけ、1を入れてさっと煮、水溶き片栗粉でとろみをつける
    5.3を入れ1分ほど煮て溶き卵を回し入れ、ふわっと火を入れて塩で味をととのえる
    6.器に盛り2と黒こしょうをふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • 豚バラとトマトのホイコーロー風

    投稿日 wpmaster


    豚肉とトマトは相性抜群!
    ▼材料
    OSMICトマト…10個
    豚バラスライス…200g
    長ねぎ…1/2本
    しょうが…10g
    唐辛子…少々
    片栗粉…少々
    サラダ油…大さじ2
    A
    └ 酒…大さじ2
    └ みそ…大さじ1
    └ オイスターソース…大さじ1
    └ 砂糖…小さじ1
    ▼作り方
    1.長ねぎはななめに薄切りし、しょうがはみじん切りにする
    2.OSMICトマトはへたを取り半分に切る
    3.豚肉は一口に切り、沸いた湯でゆでて火を通し、水気をきって片栗粉を軽くまぶす
    4.フライパンに油を入れ中火で1を炒め、香りがたったらAを加えてさっと炒め、2と3を入れ強火ですばやく炒め合わせる
    5.器に盛り唐辛子をちらす

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトキッシュ

    投稿日 wpmaster


    ミルフィーユ風に野菜を重ね、食べ応えのあるキッシュ。トマトジュースで作ったソースも添えました♪
    ▼材料(21cmタルト型1台分)
    冷凍パイシート…1枚
    ベーコンスライス…3枚
    じゃがいも…2個
    なす…1本
    ピザ用チーズ…50g
    ドライバジル…適量
    A.
    └ OSMICトマトジュース…90ml
    └ 卵…4個
    └ 生クリーム…100ml
    └ 塩…少々
    └ こしょう…少々
    B.OSMICトマトジュース…90ml
    ▼作り方
    1.じゃがいも、なすは0.5cm幅の輪切りにし、それぞれ水にさらす。ベーコンは1cm幅に切る
    2.ボウルにAの卵を割りほぐし、残りのAを加えて、よく混ぜ合わせる
    3.冷凍パイシートはやわらかくなったら麺棒で伸ばす
    4.タルト型に冷凍パイシートを敷き詰め、フォークで数か所刺す
    5.4の上に、水気を切った1のじゃがいもとなす、ベーコンを順に重ねる
    6.2を流しいれ、ピザ用チーズを盛り200度に温めたオーブンで25分程焼く。焼けたら粗熱をとる
    7.鍋にBを入れて、中火で3分程加熱し、煮詰め、ココットに盛る
    8.6が焼けたら、ドライバジルをのせる
    ワンポイントアドバイス
    焼いている途中、焦げそうになった場合はアルミホイルをかぶせて焼いてください。
    レシピ考案:moguna


  • トマトの冷製クリームパスタ

    投稿日 wpmaster


    トマトジュースで簡単に作れる、夏にぴったりの冷製パスタ
    ▼材料(2人前)
    カッペリーニ…90g
    ミニトマト…3個
    にんにく…1片
    アンチョビ…2枚
    ドライバジル…適量
    塩…少々
    こしょう…少々
    粉チーズ…適量
    バジル…適量
    A.オリーブオイル…大さじ1
    B.
    └ OSMICトマトジュース…180ml
    └ 生クリーム…75ml
    C.オリーブオイル…適量
    ▼作り方
    1.ミニトマトは4等分にする
    2.にんにくはアンチョビはみじん切りにする
    3.鍋にAのオリーブオイルと2を入れて弱火で炒める
    4.香りが出たらBを入れて、2分程煮て塩、こしょうで味を調え、火を止める
    5.粗熱をとれたら、冷蔵庫で冷やす
    6.鍋に塩少々(分量外)を入れて湯を沸かし、カッペリーニを袋の表示通りに茹でる
    7.茹であがったら氷水につけて冷やし、ザルにあげて水気を切る
    8.5に7を入れてサッと和え、器に盛る
    9.Cのオリーブオイル、粉チーズをかけ、1のミニトマト、バジルを添えて完成
    ワンポイントアドバイス
    パスタはしっかりと水気を切ってからソースと絡めましょう。
    レシピ考案:moguna


  • ドライトマト入りチーズポテト

    投稿日 wpmaster


    マッシュポテトとドライトマトで作るマフィン型のお惣菜。お酒のおつまみにも♪
    ▼材料(マフィン型6個分)
    じゃがいも…350g
    ベーコン…50g
    OSMICトマト 4star…12個
    プロセスチーズ…70g
    ドライバジル…適量
    無塩バター…10g
    卵…40g
    薄力粉…30g
    ベーキングパウダー…小さじ2/3
    サラダ油…適量
    A.塩…少々
    B.
    └ 塩…小さじ1/2
    └ 粗挽き黒こしょう…少々
    ▼作り方
    1.OSMICトマト 4starはヘタを取って横に2等分し、ペーパータオルで挟み10分程おく
    2.天板にオーブン用シートを敷き、1の切り口を上にして並べる
    3.切り口全体に、Aの塩をふり、130度に予熱したオーブンを入れ、45分焼く
    4.天板にのせたまま冷ます
    5.チーズは1cm角に、ベーコンは1cm幅に切る
    6.じゃがいもは皮をむき、耐熱ボウルに入れてラップをして600Wのレンジで5分加熱する
    7.レンジから取り出し、マッシャーで潰す。温かいうちにバターを加えて混ぜ、粗熱を取る
    8.粗熱が取れたら溶き卵を入れて混ぜる。さらに薄力粉、ベーキングパウダーをふるい入れてよく混ぜる
    9.5、ドライバジル、Bを入れて、全体的に合わせる
    10.マフィン型にカップをおき、9と4を交互に入れる
    11.180度のオーブンで30分程焼く

    レシピ考案:moguna


  • 夏野菜のコンソメゼリー寄せ

    投稿日 wpmaster


    色鮮やかな夏野菜を透明感のあるコンソメゼリーで寄せた、涼しげな一品
    ▼材料(3人分)
    OSMICトマト 5star…9個
    枝豆…20g
    コーン…10g
    粉ゼラチン…大さじ1
    水…大さじ2
    湯…300ml
    顆粒コンソメ…小さじ2
    ▼作り方
    1.OSMICトマト 5starは、ヘタを取り、十字に切り込みを入れる
    2.沸騰したお湯の中に1を10秒ほど入れ、冷水にとり、皮をむく
    3.ボウルに水を入れ、粉ゼラチンをふり入れて混ぜ、ふやかしておく
    4.耐熱ボウルにお湯を入れ、顆粒コンソメを入れて溶かす
    5.3を加えて混ぜ合わせる
    6.5の粗熱がとれたら、2、コーン、枝豆を入れ、ボウルの底に氷水をあてて、とろみが付くまで混ぜながら冷やす
    6.器に6を注ぎ、冷蔵庫で冷やし固める

    レシピ考案:moguna


  • 鶏もも唐揚げトマトだれがけ

    投稿日 wpmaster


    ねぎとトマトの特製ソースで唐揚げを爽やかに♪
    ▼材料
    OSMICトマト…120g
    鶏もも正肉…1枚
    ばんのうねぎ…3本
    しょうが…10g
    片栗粉…適量
    白胡麻…適量
    レタス…1枚
    A
    └ しょうが…大さじ1.5
    └ みりん…大さじ1.5
    └ 黒こしょう…少々
    B
    └ サラダ油…大さじ2
    └ しょうゆ…大さじ1
    └ 酢…大さじ1
    └ はちみつ…大さじ1
    ▼作り方
    1.鶏肉は一口大に切り、Aをもみこみ10分おく
    2.ばんのうねぎは小口切り、しょうがはすりおろし、トマトはへたをとり4等分のくし切りにする
    3.2とBと混ぜ合わせる
    4.1に片栗粉をまぶし、170度の油で3分揚げて3分休ませ、もう2分揚げる
    5.器にレタスをしいて4を盛り3をかけ白胡麻をふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • かじきまぐろトマト照り焼き

    投稿日 wpmaster


    さっぱりとしたトマトのソースが、口の中に広がります
    ▼材料
    OSMICトマト…120g
    かじきまぐろ切り身…2枚
    みょうが…1個
    大葉…5枚
    かいわれ…1/3パック
    サラダ油…大さじ1
    大根…100g
    黒こしょう…少々
    A
    └ 酒…大さじ2
    └ 薄口しょうゆ…大さじ2
    └ みりん…大さじ2
    ▼作り方
    1.みょうがは小口切り、大葉は千切り、かいわれは3等分に切って水にさらして混ぜ合わせ、シャキッとさせて水けをきる
    2.大根はすりおろす
    3.トマトはへたを取り半分に切る
    4.フライパンに油を入れ、中火でかじきを両面こんがり焼く
    5.余分な油をふきとりAと3を加え、煮からめる
    6.器に盛り1、2を添え、黒こしょうをふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトとしらすの炊き込みご飯

    投稿日 wpmaster


    トマトのだしがご飯にしみた、何杯でもおかわりしたくなる味♪
    ▼材料
    オスミックトマト…8個
    しらす…30g
    大葉…3枚
    米…2合
    白胡麻…少々
    A
    └ 水…350cc
    └ 酒…25cc
    └ 薄口しょうゆ…25cc
    ▼作り方
    1.米はといで浸水30分させ、ざるにあけて水けをきる
    2.オスミックトマトはへたを取り半分に切る
    3.大葉は千切りにする
    4.炊飯器に1、2、Aを入れて炊く
    5.炊き上がりにしらす、大葉、白胡麻をちらす

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。

  • トマトの和えそうめん

    投稿日 wpmaster


    熱い夏にさっぱりと!
    ▼材料
    オスミックトマト…8個
    ツナ缶…1缶
    ばんのうねぎ…3本
    しょうが…10g
    そうめん…3把
    黒こしょう…少々
    A
    └ サラダ油…大さじ2
    └ 薄口しょうゆ…大さじ1
    └ 酢…大さじ1
    └ 砂糖…小さじ1
    ▼作り方
    1.オスミックトマトはへたを取り4等分のくし切りにする
    2.ばんのうねぎは小口切り、しょうがとすりおろす
    3.ボールにツナ缶を油ごと加えてAと混ぜ合わせ1、2を和え、冷蔵庫で10分ほどおく
    4.そうめんをゆでて水洗いし、しっかり水けをきる
    5.4を3で和え器に盛り黒こしょうをふる

    レシピ考案:
    笠原将弘さん(創作和食料理「賛否両論」店主)

    OSMICトマトを食べてこんなに甘くて美味しいトマトは初めてだと衝撃をうけました(笑)
    甘み、酸味、皮の厚さのバランスも良くそのまま食べても完成された一品料理のようです。
    素材の味を大事にする日本料理にはもってこいのトマトではないでしょうか。
    そのまま食べても、加熱しても、デザートにも使えますね。
    料理人の魂を刺激してくれるすばらしいトマトだと思います。